スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本刀鍔 花紋散図 与四郎作之

2009.07.05 (Sun)
日本刀の鍔 「花紋散図 与四郎作之」 です

大きさは、縦: 7.34cm 横: 7.24cm 厚さ: 0.33cm で材質は鉄で出来ています
作られたのは江戸時代前期の加賀国です

tubayosirou01.jpg

どうして時代や作られた地方まで判るのかというと 「与四郎作之」 という銘が入っている
からです

刀を作る刀匠や刀装具を作る職人は、代々の名前が名鑑として記録に残っています
プロ野球の選手名鑑みたいなものですね

この鍔もそうした名鑑から時代や作られた地方が特定され、財団法人日本美術刀剣
保存協会という機関から保存刀装具鑑定書が発行されています

こうした鑑定書がつくと一応、お墨付きというか、値打ちが上がるわけです
ニセモノ鑑定書もあるので、これが絶対ではないですけれどね

tubayosirou02.jpg

でも、そんな事を除いてもこの鍔は単純に美しいと思います
金色に見える部分は金ではなく真鍮(しんちゅう)で、象嵌(ぞうがん)という技法で描かれ
ています
タガネで鉄に溝を掘って真鍮を埋め込むというとてつもない手間のかかった代物です

この象嵌は平象嵌とい技法で、他にも高肉象嵌、布目象嵌、切りはめ象嵌など
いろいろと種類があり、作られる地方によって特色があります
有名なのは加賀象嵌や肥後象嵌でしょうか

鍔には家紋も透かし彫りで表現されています
家紋は鍔の題材としては多いようですね
配置のバランスといい構図といい申し分のない鍔です

ちょっと褒めすぎですかね・・・

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/96-c5996e69
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。