スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛篭(つづら)棚田の彼岸花と大観峰

2011.09.24 (Sat)
さあ3連休の中日、24日(土曜日)です
今日は、朝から両親とおばさんを乗せて、僕を合わせて4人で小旅行へ出かけます

長崎を8時30分に出発して、長崎自動車道を鳥栖方面へ向かって走ります
途中、トイレ休憩を兼ねて 金立(きんりゅう)SA で休憩

2011092401.jpg

青空が綺麗で快晴です
大雨男と雨女が居る筈なのですが、なぜか晴れてます(笑)

2011092403.jpg

何も食べずに出発して小腹が好いたので、みんなで朝食にサンドイッチを食べました
・・・が、九州一長いドラゴンフランクも美味しそうだ(笑)
しかし、これは眺めるだけで買わずに出発!  えらいぞ俺!!

長崎自動車道をそのまま直進して大分自動車道に入り、杷木インターで高速道路を降りました
それから212号線を大分県の前津江町方面に向かって走ること30分
合所ダムを過ぎて、まず初めの目的地は・・・ココ!!

2011092404.jpg

葛篭(つづら)棚田の 彼岸花まつり にやってきました

そこには段々に連なる棚田と畦道に咲く真赤な彼岸花の美しい風景が広がっていました
周囲の山々の緑と澄み切った空の青にくっきりと浮かび上がり、まるで一枚の絵画を見るようです

2011092405.jpg

葛篭(つづら)棚田は、浮羽町の葛篭(つづら)地区にあり面積約7ヘクタール、約300枚程の棚田で
平成11年には農水省の日本棚田百選に選ばれています

2011092406.jpg

このつづら棚田を築いている石垣は山の石を使って丁寧に積み重ねられたもので、約400年前のものだそうです
すごくりっぱな石垣です

2011092407.jpg

この彼岸花は、正式名をリコリスと言うようですね
その彼岸花は、どうして田んぼに多いのかというと、彼岸花にはアルカロイドの一種でリコリンという毒性物質があるらしく、
それを野ねずみやもぐらが嫌がるのだそうです

水を張っているときに穴でもあけられてはたまらないし、また棚田のようにそもそも条件の厳しい立地においては、
ほんの少しのモグラの悪さも勘弁頂きたいところ・・・それで棚田には特に多くの彼岸花を見受けるという事らしいです
・・・なるほどね、農家にとっては益草(えきそう)なんですね

2011092408.jpg

彼岸花の最盛期は少し過ぎた感じで色が薄くなりかけていましたが、まだまだ綺麗さを保っていました
流れる清流と彼岸花の対比が心を癒します

2011092409.jpg

今日は、この彼岸花を見に行こうというウォーキングの企画もあるようで、麓から沢山の人が杖を持って歩いて来ていました
デジイチの高そうなカメラとレンズで撮影をしている人も沢山居ました
この時期ここは人気スポットなようです

それも、こうした保存会の方がきちんと整備して、管理・運営しているお陰ですね
ありがとうございます

2011092410.jpg

車も多くて、ひっきりなしに見物客が到着するので、我々も次の目的地に向けて出発です
駐車場は狭くて、ほぼ路上駐車しているのでスゴイ混雑ですからね・・・次の人の為にスペース確保

棚田と彼岸花も見送ってくれます・・・また来たいと思えるところでした

2011092411.jpg

道は、混雑を予想してか交互通行できないように一方通行になっています
すごく狭くて車がギリギリ1台のコースが続きますが、判りにくい分岐点に路面に矢印が書いてあり、
赤いハッピを着ている誘導係りの人もいるので、とても判り易かったです

しばらく走ると、初めに走っていた合所ダム側の道路に出ました
それから212号線を日田方面に向かって走っていると 道の駅うきは を通りかかりました

2011092412.jpg

さっき朝食でサンドイッチを食べたばかりなのに寄ってみようって事になりました

3連休の中日という事もあってか駐車場に入るのに車が列をなしています
でも、チョロチョロと動いていて、意外と早く入れました

2011092413.jpg

さっきのサンドイッチは既に消化したのか・・・別腹持ちばかり揃っているので
ピオーネのソフトクリームを4人ぶんお買い上げ♪

実は、さっき行った棚田でここのソフトクリームの100円割引券を貰っていたので、母が渡したらしいですが
1200円を払ったそうです・・・300円のソフトを4人分で100円券1枚・・・割り引いてないじゃん
ちゃんとお金を払うときに確認してくださいね・・母上
無駄に終わった割引き券・・・無念

2011092414.jpg

写真を撮る前にかぶりついちゃって先っぽが無いピオーネソフト
ピオーネと言われればピオーネって味でした(笑)

ソフトを食べたら出発!

暫らく走るとまたこんな看板が! 道の駅 水辺の郷 おおやま

2011092415.jpg

母が 「寄りたい」 って言ってます
しょーがないなぁ~ 道の駅巡りじゃないんだけど、まあどういう所か試しに行って見ましょう

ここも駐車場は満車でしたが、出入りが多いのでそれほど待たずに入れました

2011092416.jpg

流石に水辺の郷というネーミングのところですね
裏を流れる川は綺麗です

2011092417.jpg

裏の川で獲れたのかは未確認ですが、鮎の塩焼きが美味そうでした
最後まで悩みましたが食べませんでした・・・これは後になって、食べればよかったと後悔です

それから道の駅を後にして阿蘇に向かって走る途中、小国で そば街道 を通りました
そば街道に来たらここに寄らんといかんでしょう!!

2011092418.jpg

いつも来ているそば屋さん 花郷庵(かごうあん)

2011092419.jpg

風情のある入り口です
あ・・・待ち人・・・という事は待ち時間ですか・・・

2011092420.jpg

鷹のツメが下げてあります
丸い照明が良いですね

2011092421.jpg

店の中に入ると順番待ちの12番目
そば屋だから回転が早かろうと思ったのですが・・・これから1時間以上待ちました(T T)

2011092422.jpg

店内の飾りを眺めつつ・・・

2011092423.jpg

美味しいそばを食べたくて待ちました

2011092424.jpg

やっと順番が廻って来て、奥の座敷へ通され・・・
そして僕が食べたのがこれ そばづくし

2011092425.jpg

初めに ざる豆腐 がやってきました
普通の豆腐よりも硬い感じで、大豆の味がする美味しい豆腐でした

2011092426.jpg

ジャジャジャジャーン

やってきたメインのそばとマイタケの天麩羅・・・その他もろもろ

2011092427.jpg

本当は、このそばづくしには暖かいつゆのそばも付いているのですが、父が小食で
「あまり量が多くないのがいい」 と言うので僕のそばを食べてもらう事になりました

写真を撮る前から食べちゃってます!! ちょっと待ってぇ~

2011092428.jpg

そばの麺はここで打っているようで、シコシコとした歯ざわりが美味しかったです
母は 「ちょっと硬いっ」て言ってます・・・お年より向けじゃないのかなぁ

2011092429.jpg

そばを食べた後は定番の 蕎麦湯 を注いでツユを飲みました
トロッとした感じの蕎麦湯とツユの醤油が美味しかったです♪

2011092430.jpg

マイタケの天麩羅は、お茶の味付けのしてある塩で食べました
これまた絶品なのですが、早く食べたくて手が震えて写真ブレてます(笑)

他の三人にはマイタケの天麩羅が無かったので、お裾分けしたら 「これは美味しい」 って絶賛していました

2011092431.jpg

最後は、そばの実が乗ったアイスクリームです
カリカリと香ばしいそばの実が、噛んだ後で口の中で広がる感じです

ああ~満足しました
1時間あまり待った甲斐は十分にありましたよ(^^)v

それにしても食べてばっかり(^^;

それから次の目的地へ走ること40分ほど・・・

2011092432.jpg

熊本県 阿蘇国立公園 大観峰  へ到着しました

そば屋さんで1時間ロスしたので、どうなることかと思いましたが目だった渋滞も無くスムーズに走れました
でも、駐車場は車やバイクでいっぱいです    連休中だからね~

2011092433.jpg

駐車場横で、バババババ・・・・と音がしていると思ったらヘリコプタークルーズでした

2011092434.jpg

結構な人気で、ひっきりなしに離発着を繰り返しています

2011092435.jpg

楽しそうだなぁ~と眺めていましたが、お年寄り三人組は落ちる事ばっかり想像して否定的なご意見(笑)
まあ、歳を取るとそうなるのかもしれませんね

2011092436.jpg

雄大な阿蘇の眺め

2011092440.jpg

阿蘇五岳(あそごがく)の解説がしてあります
涅槃像(ねはんぞう)と言われるようにお釈迦様が頭を左にして寝ているように見えます
最も阿蘇らしい風景だと思います

2011092437.jpg

パッチワークのように並ぶ田んぼも綺麗です
ここに来ると、いつも心が癒されます

2011092439.jpg

大観峰をぐるりと見渡せる所へ行くために坂道を歩きました
お年寄り3人組はゆっくりゆっくり歩きます
道路脇のススキが陽に照らされて光っています

2011092438.jpg

歩いた先では阿蘇の外輪山が見渡せます
ずっと昔に火山の噴火で出来た地形ですが、不思議で雄大なところです

2011092441.jpg

久しぶりの阿蘇旅行に、父もご満悦です

2011092442.jpg

赤い布がフワリと浮かんだと思ったらパラグライダーをしている人がいました
飛んでいったり戻ってきたり、楽しそうでしたがちょっと怖そう(笑)

2011092443.jpg

また来たいな阿蘇の大観峰・・・今度はバイクで!

2011092444.jpg

帰りは下り坂なのでお年寄り3人組もスイスイと歩きます
「来て良かった」 と言っています・・・連れてきた甲斐がありました


それから帰途に着くために高速道路の乗り口 菊水インター を目指しますすると、またまたありましたよ道の駅(笑)

2011092446.jpg

道の駅 七城メロンドーム
この時、既に19時近くになっていて、辺りは少しずつ暗くなっています
道の駅の案内看板も夕日でオレンジ色に染まっています

なぜメロンドームかというと・・・ 

2011092447.jpg

建物の屋根がメロンになっています

・・・とここで、残念な事に車を降りて聞こえてくる音楽は 蛍の光♪
ということでお店は閉店のようです・・・残念  父、行き場を失ってウロウロ(笑)

2011092448.jpg

あとは夕日に向かって走り、予定通り菊水インターから高速道路に乗る事が出来ました
長崎に着いたのは21時少し前、全走行距離は490kmでした

いや・・しかしホントに次はバイクで! って思いましたね
まあ両親が楽しんでくれたようなので、今回はそれなりに有意義で、良い旅行になりました

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/717-56f1ec83
トラックバック
コメント
すっごい良かったです、コレ!
彼岸花への思いいれって、日本人だったらみんな持っているもの、
ひさびさに彼岸花だけでなく、忘れかけてた彼岸花の咲く風景を見て
いろんな思い出が脳裏をよぎりました・・・・。
母は忌み嫌っていたんですけど、ワタシは好きでした、彼岸花。

手打ちそばと貴重なまいたけの天ぷら、これは日本に行って
日本のそういう場所に行かないと食べられないんですよね。
カニとは違う「食べてみたい」欲をそそられました(^^)

鮎は、是非食べて欲しかったです(爆)!!

阿蘇山の眺めは・・・・・宮崎駿の世界ですね。
日本の山の風景って色がすぐわかるんです。
胸がつまるようにきれいでした、涙ぐみそうなくらいキレイでしたよおおおおおお!!!!

かえるさんって本当に親孝行ですね。
ご両親とおばさまがかえるさんのおかげで
本当にステキな日を過ごされたことが伝わりました。

いつもは日曜日はどよーんと暗くなる日なんですけど
かえるさんとご家族の満ち足りた様子を写真で見られて
パワーをいただけました!!明日もがんばれそうです!
Hanako | 2011.09.26 08:57 | 編集
彼岸花といえば、鳥居だとか神社みたいに日本のイメージですよね
アメリカにも場所によっては咲いているのかな? でも、仮にあっても印象は全く違うものになるでしょうね
派手派手なタトゥーになっちゃうかも?  彼岸花ベイベ~イェイ~みたいな(笑)

お母さんは好きじゃなかったんですね~わかりますよ(^^)この赤い花は見る人によっては少々悪い印象を持たれたようで、一説によれば死んだ人の数ほど赤く異常なほど咲き誇るので死人花(しびとばな)とか幽霊花と呼ばれるらしいですね
花としても独特な雰囲気をもった姿をしているから、化かされているとでも感じたのか、狐花(きつねばな)とも呼ばれたらしいですよ
古くからあるこんな発想が、日本的といえば日本的・・・ですね
田舎の田園風景をHanakoさんが喜んで見てもらえたようで嬉しいです(^^)

マイタケの天婦羅とそばを食べたければ九州の「そば街道」に来てくださいね!!
お待ちしてます(^^)/

鮎は次回のバイクツーリングでトライしますっ!!  その時まであればいいなぁ

阿蘇の雄大なパノラマは、なかなか写真で表現できなくてもどかしいです
実際の景色は、写真の何十倍も綺麗なんですよ!  上手くお伝えできなくて残念です
宮崎駿の世界と言われれば確かにそうかもしれないなって思いました
ナウシカやトトロ・ラピュタなどが連想できますよね(^^)
実は、このすぐ近くには別名、ラピュタの道と言われる絶景があるのですよ・・・Hanakoさんするどいっ!!!
ラピュタの道は、また次回のツーリングレポでご紹介します  ここも絶景です!!

両親もおばさんも久しぶりの小旅行で喜んでいましたが、ずっと車で移動だったので父は「楽しかったけど疲れた」って言ってました(笑)じいさんですから(^^)
かえる十兵衛 | 2011.09.26 12:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。