スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「針聞書」の虫

2011.01.22 (Sat)
「針聞書」の読み方は「はりききがき」
永禄11年10月11日(西暦1568年)に書かれた医学書のタイトルです。 
変なタイトルですねぇ~

でもこれ、福岡にある九州国立博物館の所蔵品なんですよ
「針聞書」は、織田信長の活躍した戦国時代に書かれた東洋医学書で、病気を起こす
想像の虫たち全63匹が描かれた図鑑です

かんの虫、かんしゃく虫、腹の虫など病気を起こすと考えられた想像上の虫が上段に
描かれ、下段には虫の特徴、治療法が記されています

九州国立博物館の1階のお土産コーナーでは、絵はがき、Tシャツなどたくさんのグッズが
売られているのですが、先日そこへ行く機会があり一つだけビンに入った虫のフィギア!?
を買いました

かんしゃく虫01

かんしゃく虫

かんしゃく虫02

かんしゃく虫03

なんだか 「ひっひっひっ・・」 って感じの顔ですね

身体の部分は正式名称は知りませんが僕たちが子供の頃は「ばか」と読んでいた
雑草の種でできています
63体セット販売もあったのですが、結構いいお値段でしたので1個だけ(^^;

かんしゃく虫04

不思議世界ですね

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/558-d478a287
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。