スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデルガン製作

2010.08.30 (Mon)
友人の依頼で組み立て式のモデルガンを作る事になりました

作るのは、マルシン工業の「作るモデルガンシリーズ」
 コルトSAA バットマスターソンモデル 
1stジェネレーション黒色火薬仕様をモデルアップしたものです

SAAバットマスターソン製作記001

お店から届いたダンボールを開梱すると、こんな箱が入っています
組み立てモデルなので部品がバラバラに入っていて、完成モデルに比べて箱が大きいです

SAAバットマスターソン製作記002

組み立て式ですが、そのまま組み立てても上手く動作しないので、部品を削ったり曲げたりと
ちょっとした調整が必要になります

SAAバットマスターソン製作記003

説明書を読みながら順序通りに組み立てていきます
実は、このモデルは既に僕も持っているので、これを組み立てるのは二度目です
製作初めは、2度目だから楽勝!・・って思っていました(笑)でも結構いろいろありました

SAAバットマスターソン製作記004

まずは、エジェクターロッドの組み立て
こうして枠にロッドを差し込んで・・・

SAAバットマスターソン製作記005

スプリングを通して本体にネジ止めすれば出来上がり
これだけでもちょっと銃の雰囲気を味わえる!?(笑)

SAAバットマスターソン製作記006

次は、この弾を入れるゲートの部分を組み立てます
ゲートを本体にはめ込んで、写真下のコマとスプリングを下から入れて虫ネジで固定
ここまでは部品に無加工で組み立てられましたが、次からは調節が必要でした

SAAバットマスターソン製作記007

本体にトリガー(引き金)などを取り付けるのですが、シリンダーのノッチ金具を少し曲げたり
飛び出している部分を削ったりの作業が必要になりました

SAAバットマスターソン製作記008

本体の穴も少し小さすぎるみたいだったのでヤスリで削って広げました

SAAバットマスターソン製作記009

次は、ハンマーの組み立てですが、ここからが結構大変でした
順調に組みあがったハズなのに実際に動かしてみたら引っかかって動かないとか、
空回りなどありました   その度に、またバラして部品調整し組み立てなおしました

繰り返す事5回・・・(^^; こんなハズでは・・

SAAバットマスターソン製作記010

数回の調整の後にやっと順調に動作するようになりました
軽く6-66を吹きかけておきました

SAAバットマスターソン製作記011

本体にグリップ部分を取り付けました
やっと銃らしい姿になりました

SAAバットマスターソン製作記012

次は、シリンダーにシャフトを通す作業なのですが・・・!!!

は・・・入りません!! 僕が既に持っているSAAから部品を外して、これと比べてみましたが
あきらかに今度の部品のシャフトが太いのがわかりました

SAAバットマスターソン製作記013

ペーパーヤスリをかけて少しずつ径を小さくしていきました
削ってはハメてみて・・ダメ・・・削ってはハメてみて・・・あと少し・・・を繰り返し

SAAバットマスターソン製作記014

やっと入るようになりました
シリンダーもクルクル回るようです!  グッジョブ俺♪(笑)

その後、このシリンダーを本体にセットして削って丁度良くなったシャフトを通して固定

次は、いよいよ大詰め!

SAAバットマスターソン製作記015

木製グリップにネジ固定用の金具を打ち込んで本体にセットします

ネジを締めこんだら・・・・

SAAバットマスターソン製作記016

ジャジャジャジャーーーン 完成っ!
どうです美しいでしょう? さすがSAAの決定版といわれるモデルですね

SAAバットマスターソン製作記018

ちなみに、金属モデルなので銃口は塞がっています

SAAバットマスターソン製作記019

そして、一番初めに組み立てた弾のエジェクター機構ですが、こうして押していき・・・
実銃ならば撃った後の薬莢を押し出すのですが・・・

SAAバットマスターソン製作記020

モデルガンでは、シリンダー内に壁がありロッドが止まってそこまでしか動きません
従って、このエジェクター機構はモデルガンでは機能しないダミーとなっています
シリンダー内の壁は、安全上の事なので仕方ありませんね

SAAバットマスターソン製作記021

あと・・・操作についてですが、まず・・・

SAAバットマスターソン製作記022

ハンマーを一段目(写真の位置)まで下ろすとカチッと音がして止まります
この状態は、セーフティロックです  安全装置って感じです
引き金もロックされて動きません

SAAバットマスターソン製作記023

そのままハンマーを下げると、また次にカチッと音がして止まります(ハーフコック)
この状態だと、シリンダーは本体とのロックが外れてフリーになり、手で回せるようになって
います

SAAバットマスターソン製作記024

弾はもちろんダミーです
シリンダーに入れないで銃の周りにバラバラと飾る場合はそのままですし、シリンダーに
入れたい場合は、写真のように引っ張って前後を分離します

SAAバットマスターソン製作記025

シリンダーに入れられるのは、この後ろのカートリッジだけです

SAAバットマスターソン製作記026

シリンダーに弾(カートリッジ)を入れる場合は、こうして写真のように差し込み、
シリンダーを手で回して差し込み・・・を繰り返します
弾は6発入るので、6回繰り返す事になります
また、シリンダーから弾を抜く場合は逆の手順で取り出します

SAAバットマスターソン製作記027

最後に、もう一段カチッと止まるまでハンマーを下ろしたら、そこが発射する位置です
(フルコック)

もちろんモデルガンなので実際に弾は出ませんけどね(笑)

なので、ハンマーを元の状態からここのまで持ってくるまでにカチッカチッカチッと3回
音がしてクリック感があります
この金属音とクリック感が金属モデルガンの良い所です♪

写真で、本体側面にピロピロっとスジが有るのが見えますか?
マルシンのバットマスターソンの特徴がこのシリンダーゲート下の傷です
これはモデルになった実銃にあった傷だそうで、他にも実銃にあった傷がグリップエンドに
2箇所再現されています  マルシン工業の拘りが感じられるモデルですね

SAAバットマスターソン製作記028

完成品は、こんな感じです

金属製モデルガンのハンドガンは色が金ということで、正直、以前は抵抗がありましたが
この質感や重量感はやはり捨てがたいですね

このモデルガンは、今日の宅配便で持ち主に発送しました
出来上がりを気に入ってくれると良いのですが・・・(^^)/

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/489-52ce9abd
トラックバック
コメント
こんばんは


モデルガン組み立てキット初めてみました~
本物の銃を作ってるみたいで
かっこいいですね~

削ったり調整したりと
素人には難しそうですね(汗)

スライムもおまけでいいですね~(笑)
ふり~man | 2010.08.31 20:41 | 編集
ふり~maさん こんにちは

組み立てモデルは結構あるんですよ(^^)
ガンマニアにもパンパン撃つサバゲー派と、メカが好きな眺める派に分かれると思うのですが、この組み立てモデルを作るのは後者かな!
自分で組み立てると銃の構造がわかって面白いですよ

ふり~maさんもどうですか?(^^)
かえる十兵衛 | 2010.08.31 20:58 | 編集
はじめまして。かえる十兵衛さま

トリガーについての質問をお願いします。

最近、バットマスターソン(中古)を購入したのですが、かえる十兵衛さんや他のバットマスターソンの画像と比べてみたのですが、ハンマーを戻している状態でトリガーが通常の位置よりトリガー1本分前方に出ています。ちょっと気になるので質問した次第です。トリガーを通常の位置に戻したいのですが、手順を教えていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。
saa | 2014.12.24 16:05 | 編集
saaさん こんにちは

トリガーの位置についてですね。
通常はハンマーを戻した時が一番下がった状態ですが、それがハンマーを下ろした時の位置にあるようだ....というこいですね。
ハンマーは段階的にセーフティロック(安全装置)、ハーフコック(シリンダーフリー)、フルコック(発射位置)になって少しずつ前に出るんですがそれが機能しているなら、前に出ていると感じているのは個体差かもしれないですね。
どうしても通常と思われる位置にしたければ分解して部品単体で曲げるって手もありますが、鋳造部品なら折れる危険があります。
ちゃんとした回答が出来なくて申し訳ないですが、私の知識ではこの回答が精一杯です。
改善されることをお祈りします。
他に何かあれば書き込んでください。手持ちのガンで試してみます。
かえる十兵衛 | 2014.12.24 16:44 | 編集
saaさん

ハンマーは段階的に....
の部分は

トリガーは段階的に....
の誤りでした。訂正します。
かえる十兵衛 | 2014.12.24 16:49 | 編集
かえる十兵衛さま

さっその回答ありがとうございます。
セーフティロック、ハーフコック、フルコックについては特に問題ありませんでした。
限定1000丁の完成品ですので、やはり個体差かも知れませんね。
ただ、他のトリガー位置と違うと何となく気になります・・・
時間があるときにでも分解してみたいと思います。

また、何かありましたら書き込ませていただきます。
ありがとうございました。
saa | 2014.12.24 17:05 | 編集
かえる十兵衛さま

先日は、バットマスターソンのトリガーについての回答ありがとうございました。
トリガーの位置については、時間が無くてまだそのままです。

1つ質問をお願いします。当方のトリガーガードのトリガー穴前の部分ですが、パーティングラインを処理するための加工がしてありまして、かなり大きな削り痕があるのですが、他のマスターソンも同じ削り痕が有るのかどうか確認したく質問をさせていただきました。
つまらない質問で申し訳ありませんが、回答があればと思います。
saa | 2015.02.13 10:49 | 編集
saaさん こんにちは

ブログネタにしちゃいましたがこれで解決しますか?
久しぶりにじっくり見ましたが、良い銃ですよねこれ(^◇^)
かえる十兵衛 | 2015.02.13 21:01 | 編集
かえる十兵衛さま

画像をUPしていただきましてありがとうございます。
そうなんです。
自分のマスターソンだけが削り痕があるのかと気になっていました。
すべてのマスターソンに削り痕があるようなので安心しました。
マルシンさんももう少し綺麗に処理をしてくれるともっと良い銃になると思うのですが・・・
でも、十兵衛さんの言う通りとても良い銃だと思います。

また、何かありましたら書き込ませていただきます。
ありがとうございました。m(__)m


saa | 2015.02.14 09:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。