スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊船の製作・14

2010.07.07 (Wed)
今日は7月7日・・・七夕ですが、相変わらず精霊船製作の続きです

今日は、船の取っ手(持ち手)を作ります
取っ手の位置はバランスを考えて重心位置が真中になるようにしたいと思います
なので、まず本体に「みよし」を仮組みしました

2010070701.jpg

こんな感じです
「みよし」によってかなり先頭部分が重くなるのでは・・と思っていたのですが、
中が空洞という事もあってそれ程ではありませんでした

2010070702.jpg

左手だけで船を支えて、右手でデジイチ撮影しているのでブレるかと思いましたが
思いのほかキレイに撮れました

左手の位置でバランスが取れているようです
やはり、ちょっとだけ前寄りですね

2010070703.jpg

重心位置に横から棒を通して裏からフタを・・・・と
写真まで撮ったのですが、このあとどう考えても2本の取っ手の間隔が狭い気がします
本当はそこにまた木を渡して、そこを持つように考えていたのですが、手が入らない
くらい狭いのです
なので、この部分は再度作ります

・・・とほほ、取っ手作りで躓くとは・・・

この後、少し本体の化粧をしました

2010070704.jpg

本体後ろのスキマを・・・

2010070705.jpg

「みよし」を作るのに切り出したゴザの残りを使ってフタをしました
2箇所を軽く釘で固定

2010070706.jpg

本体前にも同じようなスキマがあるので・・・

2010070707.jpg

ここにもゴザでフタをしました

2010070708.jpg

今日までの全体像はこんな感じです

本体下側の2箇所に取っ手が入る角窓がわかりますか?
そこに棒が入るのですが、やっぱり1本だけもう少し後ろにずらした方がいいように思います
最後まで組立てたら重心位置が変わるかもしれないし、第一、持ちにくそう
ちなみに、ここは現地組立てにしておかないと車に載らないので、こんなややこしい構造に
なってます

これは、次回に改造します
ああ・・失敗

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/444-ed43b99e
トラックバック
コメント
こんにちはかえるさん

みよし の部分がああいった風につくとは意外でした!
先入観無く拝見してますが今が一番悩みそうですね 手順や全体バランスもあるし..... 

でも ここまでくればもう少し! 
完成まで がんばってくださいね!
観客席から応援してま~す 笑


Lulana | 2010.07.07 18:22 | 編集
Lulanaさん こんばんは

やっとここまで出来ました(^^)
あと少し!

応援ありがとうございます♪
かえる十兵衛 | 2010.07.07 20:38 | 編集
こんばんは

波動砲~
宇宙戦艦ヤマトみたいでカッコいい!
飛び道具が出そう~(笑)

いろんな事を考えながらで大変そうですね~
初めての製作となると想定外な事がありますもんね~



ふり~man | 2010.07.07 21:01 | 編集
ふり~man さん こんばんは

波動砲~ ~ ~ ~ ~ ~ ~って出れば良いですね~

でも、これはスタートレックっぽく惑星連邦の船って事にしましょう(^^)
NX-2010 なんてどう?
わからん・・で・・すか(笑)

初めてはこんなですが、次はもっとああして・・こうして・・・・あんなところも・・・・こんなところも・・・・(笑)
かえる十兵衛 | 2010.07.07 21:37 | 編集
かえるさん こんばんは

精霊船なんて、自作できるものなんですねぇ
こんな事ができるなんて、かえるさんって
メチャメチャ器用な方なんですね。すごい!
ひとスィー | 2010.07.07 23:21 | 編集
ひとスィーさん こんにちは

コメントありがとうございます
長崎ではみんな普通に自作していますよ(^^)
でも最近はそうでもないのかも・・新聞広告で売ってるくらいですからね
楽しみながら作っています!
かえる十兵衛 | 2010.07.08 08:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。