スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本刀拵金具 縁頭 離れ縁

2009.10.21 (Wed)
日本刀の柄(つか)には縁(ふち)と頭(かしら)というか無くが付いていることを、
前のブログでも書いたと思いますが、大抵の場合はこの二つはセットです

ですから、図柄が龍ならば龍で統一され、菊ならば菊で統一されているのが
本当です  故事などの場面を表したものは、関連のあるもので統一されています

そんなこんなで一対であるハズのものが、片方だけになった場合、離れ○○と
呼びます  縁だけが残った場合は、離れ縁(はなれふち)です

futi01.jpg

左の二つは、縁と頭が揃っているので一対ですが、右の二つは離れ縁です

futi02.jpg

ちなみに、この銅製の金具は、先日アップした「柄杓と鳥」の図柄の目貫と同じ
オークションで落札した柄から取り出したものです
綺麗な、草の模様が片切り彫りで表現されています

futi03.jpg

こちらは、離れ縁二つ
下になっている縁は、旧日本軍の陸軍拵えについていたものと思われます
桜の花がデザインされていてとても綺麗です
上になっているものは、ナナコ地というツブツブが表現されていて、ツブが揃った
とても見事な出来栄えです
いつも思うのですが、職人さんの技術はすごいです

いずれも、オークションや旅先の骨董店で購入したものですが、こうして眺めていると
時間を忘れます・・・オヤジの趣味ですな

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/221-0b3ed29f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。