スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精霊流し

2009.08.16 (Sun)
実家の長崎から帰ってきました

長崎では、墓参りと精霊流し(しょうろうながし)を見てきました
精霊流しは ”さだまさし” の歌でも有名ですが、歌のゆっくりとしたイメージとは
全く異なり、かなり騒々しいものです

09081501.jpg

おそらく中国文化の影響と思いますが、よく花火をします
お盆にお墓参りするときもお墓で花火をしますし、精霊流しの時もドンパチ

新地という中華街には花火の専門店もあり、面白い仕掛け花火も沢山あります

09081502.jpg

精霊流しのときは花火用の箱を台車で引いていく人が船の後からついていきます
精霊船1艘に、だいたいダンボール1箱くらいの花火を用意しますが、大きい船になると
10箱分くらいでしょうか・・・ちなみに精霊流しの船・・・精霊船と表現しますが、昔は実際に
海に浮かべて流していました
しかし、最近は漂流物で海が汚れないように一所にまとめて焼却処分していますし、
船が大型化して昔は担いでいたものが、タイヤ付きで引っ張るスタイルに変化しています

花火のメインは爆竹とロケット花火
ババババババ・・・・ヒューーードドドドト・・・ババババババヒューヒュー
それはそれはすごい音で、隣に人が居ても話ができません
時にはダンボール1箱分の爆竹に一度に点火して火の玉と共に熱風がくるくらいです
初めて見た人はきっとビックリするだろうし、そんな1箱点火なんて他では見られないと
思います

09081503.jpg

道路は爆竹のカスや花火の箱が散乱してすごい事になってます
しかし、精霊流しが終わる頃から市の清掃課の方が一斉に掃除を始め、翌朝には
すっかり無くなっています

09081504.jpg

こんなに長い精霊船も!

09081505.jpg

いつものように観光客も沢山居ます

09081506.jpg

長崎では、こんな感じの精霊流しが普通ですが、他では灯篭を実際に流したりする
所もあるし地域で違いますよね

僕は子供の頃からこうしたものを見て育っているので、お墓で花火をしたり精霊流しを
爆竹で賑やかにするのが良いなと思っています
死んだ人も喜んでいるのでは?(笑)

精霊流しが終わり、今年も夏が終わった・・・そんな感じです

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/165-0c28c1d2
トラックバック
コメント
長崎の精霊流し 有名ですが
初めてみましたぁ~~!

私も一度 見に行きたいです
賑やかに送ってあげるのですね
私の実家は海に流すんですよ
何年も行ってないですが・・。
葉月 | 2009.08.17 07:24 | 編集
葉月さん こんにちは

そうですか初めて見られましたか
長崎のお盆はこんな感じで結構賑やかなんですよ
見に行かれるのであれば、初めての方は耳栓を持っていく事をお勧めします!

ご実家は海に流すんですね~
長崎でも小さいものは各自で海に流したりしているようですよ
そうやって静かに故人を送るお盆もいいですね
かえる十兵衛 | 2009.08.17 18:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。