スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本刀鍔 兎図

2009.07.22 (Wed)
日本刀の鍔 「兎図 透かし鍔」 です

大きさは、縦: 8.19cm 横: 8.0cm 厚さ: 0.4cm で材質は鉄で出来ています
作られたのは江戸時代中期頃

tubausagi01.jpg

良質な鉄地に兎を5羽と、杵と、雲を表現しています
鍔の周囲の丸い部分をそのまま月に見立てているのかもしれませんね

日本人は月を観たら、兎が餅をついていると表現しますが、この鍔にそれがデザイン
されているということはやっぱり随分昔からの感性なんだなぁ~と改めて思います

tubausagi02.jpg

兎の眼には真鍮が象嵌されており、少し磨いてやるとキラリと光るアクセントになります
この鍔に、作者の銘は入っていませんが作風からして「正阿弥」あたりではなかろうかと
思っています

鑑定に・・といいたいところですが、昨年 オークションで売却してしまいました
写真はオークションに出品していた時のものです
いま思い出しても、構図のいい鍔だったなと思います

きっと新しい持ち主に大事にしてもらっているでしょう

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://voyager660.blog85.fc2.com/tb.php/113-9fe622cf
トラックバック
コメント
鍔であるからには、日本刀の、つまり武器の一部分である事は確かなのですが、
この構図から伝わる『楽しい』と言う印象がどうにもミスマッチな感じで妙に面白いです。
いかにも刀っぽい凄みや切れを感じさせるデザインも良いですが、こういうのも好きです。
k6e | 2009.07.22 02:25 | 編集
k6eさん こんにちは

コメントありがとうございます
そうですね、刀本来は武器であるはずなのですが、その命のやりとりをする道具だからこその精神世界があるのかもしれませんね
この兎にもきっと何か意味があるはず・・・
機能を突き詰めてにじみ出てくる美だけではない何かを感じますね
かえる十兵衛 | 2009.07.22 08:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。