スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実弾ダミーカートリッジ

2010.03.11 (Thu)
昨日、ガスガン(ベレッタM92FS) の記事を書ていて思い出しました
うちには、こんな物もあるという事を・・・

何だと思いますか? ↓
bl01.jpg

ジャジャ~ン
実弾のダミーカートリッジをコレクションしたものです
本物の銃を撃った後の薬莢(やっきょう)に弾頭を付けているもので、当然、中に火薬は入って
いません  集めに集めて・・・これだけあります
今は、規制が厳しくなって今後 輸入されることは無くなったと聞いていますので、
ミリタリー趣味の人の小さな市場が常に品薄だそうです(僕は違うよ~マニアじゃないよ)

bl02.jpg

こちらはハンドガン用のカートリッジ ↓

bl04.jpg

こちらはライフル用のカートリッジ ↓

bl03.jpg

それじゃ、ハンドガン用のカートリッジから軽く説明も入れて紹介していきます

bl357.jpg
357 Rem(レミントン) Maximam JTC
357マグナムって判りますか?S&W(スミスアンドウェッソン)のリボルバー用の弾です
先端に銅が被っていなくて鉛が露出しているのでソフトポイント弾ですね

bl357sp.jpg
357 S&W Magnum(Snake Shot:スネークショット)
上と同じ357マグナムで撃つ散弾です 
スネークショットの名の通り、ヘビなどの小動物を撃つときに使うらしい
青いプラスチックケースの中に粒状の散弾が入っているのが判ります

bl454casull.jpg
454 Casull HP(カスール ホローポイント)
44マグナム弾よりも大きい弾頭に圧倒されますね ルガー社のスーパーレッドホークなどの
ハンドガンで使用されます  ちなみにホローポイントとは、弾頭先端の穴のこと
標的に中った時に潰れて止まり易くしています  撃った時の反動がすごかろうなぁ~

bl45colt.jpg
45(11.43mm) Long Colt
西部劇でよく見かけるコルトシングルアクションアーミーで使用します
荒野の少年イサムが使ってたやつ・・・わからんか・・な(笑)
厳密に言うと、いろいろあるのですが長くなるので割愛します!(笑)

bl762sp.jpg
7.62x39FMJ(フルメタルジャケット) SP(ソフトポイント)
世界で一番出回っている小銃と言ってもいいAK47で使われている弾です
その中でもこれはソフトポイントと言って、先端だけ銅で覆われず鉛が露出しています
ホローポイント同様に、標的に中った後の弾のストップ性を狙ったものです

bl65mmjap.jpg
6.5mm Jap FMJ(フルメタルジャケット)
これは、大戦時に旧日本軍が使用していた三八式銃に使用していました
弾頭は細長くてスマートです  貫通性能が高そうです

bl77mm jap
7.7mm Jap FMJ(フルメタルジャケット)
これも上と同じく、大戦時に旧日本軍が使用していた九九式銃に使用していました
日本軍は、弾くらい規格化しないと戦場で隣の人から弾も貰えなくて困ったでしょうね

bl223rem.jpg
223 Rem(レミントン) FMJ(フルメタルジャケット) 5.56mm NATO弾
これは、ゴルゴ13も使ってるM16用の弾
5.56mmなので意外と小さく感じます  いかにも高速弾道弾って感じです
これなら弾も軽くて沢山持っていけるでしょう

bl308win.jpg
308 WIN(ウインチェスター) FMJ(フルメタルジャケット) 7.62mm NATO弾
やっぱり5.56mmのあとに7.62mmを見ると迫力があります
有効射程距離が長い7.62mmは野外戦では必需品ですね・・・きっと
ちなみに、NATO弾ってその名の通りNATOで弾を互換できるようにサイズを規格化しましょう
ということで生まれました  家電も武器も規格化すればみんな喜びます♪

bl3060sprg.jpg
30-06 SPRG(スプリングフィールド) FMJ(フルメタルジャケット) Rem(レミントン)
こりゃまた薬莢が長い! M1ガーランドで使っている弾です
よっぽと火薬が沢山入っているんでしょうねぇ~  ということは反動もスゴイはず

bl375HH.jpg
375 H&H(Holland & Holland) Magnum
これはまた、ありえないくらいデカイです 
これはカラだから良いけど、こんなの持って戦場を歩き回りたくありません
ちなみに、薬莢のお尻の部分が一部太くなっているのがわかりますか?
リムレスの欠点であるケースヘッドとケースの胴の部分との継ぎ目を補強するためです
こうしないと発射時の内圧でカートリッジが破損するのだそうです  
火薬がたっぷり入ってそうですよね
こうした補強のされた形状を 「ベルティッドリムレス」 といいます

bl300weatherby.jpg
300 Weatherby Magnum(ウェザビーマグナム) FMJ(フルメタルジャケット)
これ・・・なんだったっけ??? 忘れました(笑)
あっこれも同じく 「ベルティッドリムレス」 ですね

bl338lapua.jpg
338 Lapua Magnum (.338 ラプアマグナム)
AIアークティクウォーフェアに使用する弾です

あと・・・実銃の弾では無いのですが、モデルガンのディスプレイ用にと思い購入して
いたものです ↓

blbnannbu.jpg

旧日本軍の使用していたベビー南部という拳銃用の弾
ハドソンというトイガンメーカーが作っていたダミーカートリッジです
確か今はもう製造していないハズ・・・それなりに貴重?

blnabbu.jpg

これも、旧日本軍の使用していた拳銃、南部十四年式の弾
同じくハドソン製  小さい割りに重いので、きっと真鍮無垢材の削り出しでしょう

しかし・・・こんな集めて何にするの?なんて質問は受け付けませんよ
ただの収集癖ですから・・・

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

アリスパック

2009.11.26 (Thu)
「アリスパック」  とは、1970年代からアメリカ軍全軍に支給されており現在でも使用
されているバックパックのことです

決して不思議の国のアリスが顔にパックしてるんじゃありませんよ~おやじギャグ

米軍現用装備のメインである「アリスパック」は3日間程度のミッションを単独で遂行するため
に設計されています     ちなみに、このモデルは80年代頃から支給されだした熱帯地域
向けのウッドランドカモフラージュモデルです

aris04.jpg

人間工学に基づいた設計で重量の分散、疲労の軽減などを実現している所がスゴイです
前回の〇太郎との大平山ハイキングにもこのバックパックで荷物を運びました

aris02.jpg

歩行中にパックが動くのを防ぐために、腰には大型のパッドが付属し、重い装備を運搬しても
肩に負担がかからないようになっています
アルミのフレームも驚くほど軽いんですよ   見た目はゴツイですけどね!

aris01.jpg

ショルダーストラップには、肉厚のパッドとクイックリリースシステムを採用
緊急時にALICEパックを素早く排除できます LC-1ストラップでは左側のみに装備されて
いましたがLC-2では左利きに対応するため左右に設置されています
ちょっとマニアックでしたね・・・!

上のホックを外して下に引っ張れば、リリースしてバッグがサッ!と外せるのです
戦場での使用を考えたミリタリーアイテムならではの機能ですね
普通の登山用ならこういう機能はないかも・・・

aris03.jpg

フロントにはスナップボタンで簡単に開閉出来るポケットが3個付いています
当然、フラップには防水加工が施されていて水の浸入を防ぎます

収納容積が大きく、ポケットも多く付いているのでとても使い易いバッグです
まさにミリタリーが生んだ最強のリュックと言えますね~
とっても気に入っています(^o^)/

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


米軍 M1スティール・ヘルメット

2009.09.21 (Mon)
昨日のガスマスクからミリタリー物の話題を続けてみます
これは、第二次世界大戦時のアメリカ軍が使っていた
 「M1スティール・ヘルメット」

前のガスマスクと同様に、米軍放出品を買いました・・・なので実物です
買ったらまず穴が無いか調べましたよ・・・ええ・・・やっぱ怖いですから
・・・で、穴は無かったので、このヘルメットの使用者は少なくとも頭部に損傷は無かった・・と
ひとまず安心 

M101.jpg

M1ヘルメットは、太平洋戦争開始早々(1941年末か1942年初め)に制定されました
それより前は、イギリス軍と同じ平べったい帽子の様なM1917A1ヘルメットを使用していました

M102.jpg

裏はこんな感じになっています

M103.jpg

帽体は二重構造になっています

M104.jpg

こんな風に分離できて、外側の帽体は 鉄製
内側は グラスファイバー のような物で出来ています
おそらく防弾の効果を上げるための二重構造だと思うのですが、詳しくないので詳細は不明

外側の帽体にはカモフラージュ柄のカバーが被せてあるので、交換するといろんな状況に
対応できそうです

M105.jpg

ちなみに、カバーを外した鉄製の帽体はこんな感じです
鉄カブト~って感じです
このタイプのヘルメットは、太平洋戦争開始当初の記録映像でよく見かけますね

アメリカ軍の現用ヘルメットは形状も素材も大きく変わり、今ではこんなヘルメットは使って
いないでしょう・・・すでに文化財的価値もある?ない?

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


米軍 M40 ガスマスク

2009.09.20 (Sun)
アメリカ軍が使用していた 「M40 ガスマスク」 の実物です

ガスマスクカバー、ラバー、キャニスターのセットで、米軍払い下げの店から購入しました
まあ、その頃はいろいろとそういう物に凝っていた時期でした(笑)
今、見ると・・・なんで買ったんだろう・・・と

gas01.jpg

中身は、こんなカバンに入っています
作戦実行の時は、これに入れて携帯しているのでしょう
さすがに軍物! しっかりとした作りですね

gas02.jpg

マスクの部分はこんな感じ
ちょっとバイオハーザードって感じですね~ コスプレする人には良いかもしれませんが
街なかを、これ被って歩いてたら通報されそうです

ちなみに、写真の黒いラバーは二重になっていて、中のラバーの額部分がカッターのような
もので切られています   米軍が破棄する際に切ったものでしょう・・・残念
まあ実用品ではないし、外側のラバーがあるので見えませんから

gas03.jpg

カバーが付いていて、被せるとこんな感じに!

ラン♪ランララ♪ランランラン♪ラン♪ランラララ~ン♪

gas04.jpg

すると今度は、ナウシカに出てきそうな感じになりました
腐海に出るときは必需品ですからね(笑)

gas05.jpg

新品のキャニスターも付属していますが、袋は破れてます
中は未使用なので、フィルターとしての効果は充分あると思うのですがどうでしょう??
有効期限とかあるのかな?

ちなみにこれ・・・いまオークションで売りに出してますが欲しい人はなかなか居ないようで
売れ残ってます(笑) 誰か欲しい人いませんかね~

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


トリガーブロック

2009.05.16 (Sat)
アメリカに レミントンアームズ社 という銃器メーカーがあります

そこで作っている引鉄錠誤作動防止装置がいわゆる「トリガーブロック」
使い方は名前そのままだけど判り難いかな?

トリガーは、引き金
ブロックは、防止、阻止
・・ってこと

早い話が鉄砲の引き金を引けなくする錠前型の安全装置です
トリガーガードの付いている銃ならライフル、散弾銃、ハンドガンでもOK

t-lock01.jpg

街中に銃器が溢れているアメリカならいざ知らず日本でこれ何に使うの??? いらないじゃん・・・って思う方が居るかもしれません

まあそうですね・・・普通はいらないかも・・・

でも、猟や有害鳥獣駆除や射撃を趣味にしている人など
国家公安委員会から許可を得て合法的に銃器を所持している人は
保管時の安全性を高めるのに有効

警察が行っている銃所持者のための講習会でもあまりこういう器具の紹介は無いので知らない人は多いかも・・・

これはネットで購入しましたが、1個1200円ほどでした
1200円で安全が守れるのならばチョ~~安いですよね!

t-lock02.jpg

ちなみに、うちではモデルガンに付けています
ただの飾りですよ・・・・か・ざ・り

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。