スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルシン SAA 質問への回答

2015.02.13 (Fri)
マルシンのモデルガンSAA製作記の記事への質問がありましたので
ブログネタにさせて頂きます m(_ _)m

ご質問は・・・
1つ質問をお願いします。当方のトリガーガードのトリガー穴前の部分ですが、
パーティングラインを処理するための加工がしてありまして、かなり大きな削り
痕があるのですが、他のマスターソンも同じ削り痕が有るのかどうか確認したく
質問をさせていただきました。
つまらない質問で申し訳ありませんが、回答があればと思います。

・・・というものなのですが、あいにく製作記で作った個体は友人に頼まれて
製作したもので既に手元にありません

キットものではありませんが同様のSAAを持っておりますので、そちらの写真を
アップしてみます

2015021321060005a.jpg
(iPhoneから写真アップです)

「トリガー穴前の部分」ってここの事でしょうか?
そういえばモシャモシャっとした粒のようなものがあります
いままで気がつきませんでした〜

最近はずっと壁に飾っていたので久しぶりに手に取ってみました
ずっしりとした重量感と金属の冷たい感じは相変わらず良いです

これで疑問が解決するといいのですが・・・

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

モデルガン製作

2010.08.30 (Mon)
友人の依頼で組み立て式のモデルガンを作る事になりました

作るのは、マルシン工業の「作るモデルガンシリーズ」
 コルトSAA バットマスターソンモデル 
1stジェネレーション黒色火薬仕様をモデルアップしたものです

SAAバットマスターソン製作記001

お店から届いたダンボールを開梱すると、こんな箱が入っています
組み立てモデルなので部品がバラバラに入っていて、完成モデルに比べて箱が大きいです

SAAバットマスターソン製作記002

組み立て式ですが、そのまま組み立てても上手く動作しないので、部品を削ったり曲げたりと
ちょっとした調整が必要になります

SAAバットマスターソン製作記003

説明書を読みながら順序通りに組み立てていきます
実は、このモデルは既に僕も持っているので、これを組み立てるのは二度目です
製作初めは、2度目だから楽勝!・・って思っていました(笑)でも結構いろいろありました

SAAバットマスターソン製作記004

まずは、エジェクターロッドの組み立て
こうして枠にロッドを差し込んで・・・

SAAバットマスターソン製作記005

スプリングを通して本体にネジ止めすれば出来上がり
これだけでもちょっと銃の雰囲気を味わえる!?(笑)

SAAバットマスターソン製作記006

次は、この弾を入れるゲートの部分を組み立てます
ゲートを本体にはめ込んで、写真下のコマとスプリングを下から入れて虫ネジで固定
ここまでは部品に無加工で組み立てられましたが、次からは調節が必要でした

SAAバットマスターソン製作記007

本体にトリガー(引き金)などを取り付けるのですが、シリンダーのノッチ金具を少し曲げたり
飛び出している部分を削ったりの作業が必要になりました

SAAバットマスターソン製作記008

本体の穴も少し小さすぎるみたいだったのでヤスリで削って広げました

SAAバットマスターソン製作記009

次は、ハンマーの組み立てですが、ここからが結構大変でした
順調に組みあがったハズなのに実際に動かしてみたら引っかかって動かないとか、
空回りなどありました   その度に、またバラして部品調整し組み立てなおしました

繰り返す事5回・・・(^^; こんなハズでは・・

SAAバットマスターソン製作記010

数回の調整の後にやっと順調に動作するようになりました
軽く6-66を吹きかけておきました

SAAバットマスターソン製作記011

本体にグリップ部分を取り付けました
やっと銃らしい姿になりました

SAAバットマスターソン製作記012

次は、シリンダーにシャフトを通す作業なのですが・・・!!!

は・・・入りません!! 僕が既に持っているSAAから部品を外して、これと比べてみましたが
あきらかに今度の部品のシャフトが太いのがわかりました

SAAバットマスターソン製作記013

ペーパーヤスリをかけて少しずつ径を小さくしていきました
削ってはハメてみて・・ダメ・・・削ってはハメてみて・・・あと少し・・・を繰り返し

SAAバットマスターソン製作記014

やっと入るようになりました
シリンダーもクルクル回るようです!  グッジョブ俺♪(笑)

その後、このシリンダーを本体にセットして削って丁度良くなったシャフトを通して固定

次は、いよいよ大詰め!

SAAバットマスターソン製作記015

木製グリップにネジ固定用の金具を打ち込んで本体にセットします

ネジを締めこんだら・・・・

SAAバットマスターソン製作記016

ジャジャジャジャーーーン 完成っ!
どうです美しいでしょう? さすがSAAの決定版といわれるモデルですね

SAAバットマスターソン製作記018

ちなみに、金属モデルなので銃口は塞がっています

SAAバットマスターソン製作記019

そして、一番初めに組み立てた弾のエジェクター機構ですが、こうして押していき・・・
実銃ならば撃った後の薬莢を押し出すのですが・・・

SAAバットマスターソン製作記020

モデルガンでは、シリンダー内に壁がありロッドが止まってそこまでしか動きません
従って、このエジェクター機構はモデルガンでは機能しないダミーとなっています
シリンダー内の壁は、安全上の事なので仕方ありませんね

SAAバットマスターソン製作記021

あと・・・操作についてですが、まず・・・

SAAバットマスターソン製作記022

ハンマーを一段目(写真の位置)まで下ろすとカチッと音がして止まります
この状態は、セーフティロックです  安全装置って感じです
引き金もロックされて動きません

SAAバットマスターソン製作記023

そのままハンマーを下げると、また次にカチッと音がして止まります(ハーフコック)
この状態だと、シリンダーは本体とのロックが外れてフリーになり、手で回せるようになって
います

SAAバットマスターソン製作記024

弾はもちろんダミーです
シリンダーに入れないで銃の周りにバラバラと飾る場合はそのままですし、シリンダーに
入れたい場合は、写真のように引っ張って前後を分離します

SAAバットマスターソン製作記025

シリンダーに入れられるのは、この後ろのカートリッジだけです

SAAバットマスターソン製作記026

シリンダーに弾(カートリッジ)を入れる場合は、こうして写真のように差し込み、
シリンダーを手で回して差し込み・・・を繰り返します
弾は6発入るので、6回繰り返す事になります
また、シリンダーから弾を抜く場合は逆の手順で取り出します

SAAバットマスターソン製作記027

最後に、もう一段カチッと止まるまでハンマーを下ろしたら、そこが発射する位置です
(フルコック)

もちろんモデルガンなので実際に弾は出ませんけどね(笑)

なので、ハンマーを元の状態からここのまで持ってくるまでにカチッカチッカチッと3回
音がしてクリック感があります
この金属音とクリック感が金属モデルガンの良い所です♪

写真で、本体側面にピロピロっとスジが有るのが見えますか?
マルシンのバットマスターソンの特徴がこのシリンダーゲート下の傷です
これはモデルになった実銃にあった傷だそうで、他にも実銃にあった傷がグリップエンドに
2箇所再現されています  マルシン工業の拘りが感じられるモデルですね

SAAバットマスターソン製作記028

完成品は、こんな感じです

金属製モデルガンのハンドガンは色が金ということで、正直、以前は抵抗がありましたが
この質感や重量感はやはり捨てがたいですね

このモデルガンは、今日の宅配便で持ち主に発送しました
出来上がりを気に入ってくれると良いのですが・・・(^^)/

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


マルシン SAA アーティラリー

2009.08.18 (Tue)
マルシンのモデルガン 「SAA アーティラリー」

これもかなり前にオークション購入したものです
箱・発火用カートリッジ6発が揃っています  説明書は無し
かなり古いものではないでしょうか?

SAAmaruarti01.jpg

箱はこんな感じ 白でシンプルですね

SAAmaruarti02.jpg

前に紹介した「SAA バットマスターソン」とはあきらかに作りが粗い感じがしますし、
箱のデザインと傷み方からも想像できます

SAAmaruarti03.jpg

このSAAは、前のバットマスターソンモデル(シビリアン)とは違いシリンダーを止めている
ピンのロックがフレームサイドからになっています  そして止め方も変わっています
詳しくはわかりませんが、SAA進化の過程でそうなっているようです

SAAmaruarti05.jpg

グリップとトリガーガードのある下フレームを固定するネジが初めから1個無くなっていました
あま中古だし、安かった記憶がありますから仕方ないですね

SAAmaruarti06.jpg

でも、金属モデルガンの重量感と冷たい感触はバツグン
それにスケールも実銃に近いものと思われます
いろいろ手をかけるところはありますが、お気に入りのSAAです

SAAmaruarti07.jpg

同じマルシン製のバットマスターソンモデルと並べてみました
さあ~これで持っているSAAは全部なので、そのうち全6丁まとめて比較しますね

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


マルシン SAA バットマスターソン

2009.08.14 (Fri)
お盆で帰省しているので、予約投稿です!

マルシンのモデルガン 「コルト SAA バットマスターソン」

これは金属製モデルガンで、模型店から通販で買いました

SAAbat01.jpg

箱はこんな感じで、普通のモデルガンの箱よりも二周り・・いやもっと大きいかも
きっと組み立てモデルで、部品がバラバラに入っているせいでしょう
比較で前回紹介したコクサイとハドソンのSAAの箱も一緒に並べてみました

SAAbat02.jpg

このモデルガンは実は自分で組み立てるモデルガンです
ですから、中身はバラバラの状態で入っています
説明書も入っていて、番号順に組み立てていけばいいのですが、それだけでは
まともに動かず、いろんな部分を曲げたり削ったりしながら調整して初めて
完全な動作ができるようになります

SAAbat03.jpg

このモデルガンはSAAでは一番実銃に忠実に出来ているといわれています
バットマスターソンは実在の人物で、その所持銃から型を取って作ったものらしいです

SAAbat04.jpg

ですから、右側のプレートのキズやグリップ下のキズなども実銃そのまま再現されています
確かに握った時の感触というか重みは、あたかも実銃を握っているかのような感覚があります

SAAbat05.jpg

いままでSAAばっかりメーカー違いでどのくらい紹介しましたっけ?
その中でも一番のお気に入りです

そのうちまとめて紹介しますが、SAAはまだあるので最後に終結させましょう
どんだけあるんや~って感じですね  いゃ~自分でも書きながらビックリしてます

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


ハドソン SAA ビズリー

2009.08.06 (Thu)
ハドソン産業のモデルガン 「コルト SAA ビズリー」

「ビズリー」とは、SAAのターゲットモデルとして、1912年まで製造されたモデルで、
ロンドンから30マイルほどのところにある実在の村の名前です
ビズリーでは、メジャーなシューティングマッチ(射撃競技)が数多く行われ、それにちなんで
製造開始後すぐにビズリーと名づけられたそうです

これもオークションで買いました(笑) 持ってるモデルガンは殆どそういった中古です
少しのキズなどを気にしなかったら、かなり安くで手に入りますからね

SAAhuds01.jpg

箱はこんな感じ  中古の割りに箱は新品のように摺れもなく綺麗です

SAAhuds02.jpg

これは金属製ではりません
HW(ヘビーウエイト)材というアルミの粉を含有しているプラスチック製です
ですから色も黒く、鉄っぽい感じの外観に見えます

SAAhuds03.jpg

グリップ部など、フレームの一部は亜鉛合金製に着色がしてありますので色の違いが
でています   これは中古で、前の持ち主が火薬を入れてパンパン~と発火したらしく、
少し火薬カスのような汚れが付着しています  
かなり掃除したのですが取りきれませんでした

SAAhuds04.jpg

黒いグリップは実銃と同様素材のベークライト素材を使っています
見た目はグリップが曲がって変わった形ではありますが、握った感じはとてもしっくりします
さすがは競技用のモデルといった感じ  

全体的な質感は良いのでお気に入りの一丁になっています

にほんブログ村 花ブログへ にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 多趣味へ ブログランキング・にほんブログ村へ


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。